196 JOURNEY

IMG_7944

 

旅するためのバックパック

たまには計画も立てず気ままに旅をしてみたいー
そんな願いから、旅をしたいと思い立った時に、パッと荷物をつめ込んでサッと背負って出かけられる。そんな場面をイメージした旅のためのバックパックをつくりました。現在世界には196の国があります(日本が承認している国の数)。その全てを巡るくらい旅をしてほしいという気持ちから、モデル名を196と名付けました。

 

196_M_front_BK
COLOR:墨(BLACK)

 

196_M_front_BLUE
COLOR:空(SKY BLUE)

 

196_M_front_NAVY
COLOR:藍(NAVY)※藍染めではありません

 

196_M_正面赤

COLOR:茜(RED)

 

シンプルに使いやすく

旅をする時にも、山用のバックパックを使っているという方は多いのではないでしょうか。私たちもベストではないと感じていました。例えば…

  • ・縦長の構造だと下に入れたものが取り出しづらい
  • ・それぞれ容量が決まっているので、複数のバックパックを持つことになる
  • ・機能的ではあるものの、旅で使うことのないパーツが多くついている

そこで、できる限りシンプルで、身軽に動け、思い立った時にすぐ出発できる、パッキングしやすいバックパック「196 JOURNEY」を開発しました。

 

パッキングのしやすさってなんだろう?

旅や山へ行くとき、パッキングに時間をかけてしまうことが多くありませんか?一般的なバックパックは縦型が主流で、あまり使わないものを下に、よく使うものを上に入れるというパッキングをします。これだと下のものを出すために、上のものを出す必要があります(テントの中でマットや寝袋を出すのに苦労した方も多いと思います)。また大型のバックパックになると、小柄な方は奥まで手が届かずパッキングしづらいという問題もありました。

196_M_inner

196 JOURNEYの一番の特徴は、横に大きく開く開口部。真上から見ながら荷物を並べていくことができるので、パッキングしやすいだけでなく、ひと目で荷物が見つけられ取り出しやすい構造です。

196_M_pakking

開口部の閉じ方によって25L〜40L程度まで容量の調整ができます。数泊の旅行はもちろん、小さなテントを持った1〜2泊のアウトドアキャンプにも対応できるサイズです。

 

パッキングの方法

パッキングには少しコツがいります。

196_M_0109

開口部のマジックテープを合わせて、フック側に数回折り曲げます(できるだけきつく巻くときれいに仕上がります)。

196_M_0105

ショックコードをフックに引っかけ、たるみがなくなるまで左右のコードを引きます。

196_M_0095

最後に底部のバックルを留めて引き絞り安定させます。巻きが少なすぎたり、コードが緩んでいると、中身が落ちる原因となりますのでご注意下さい。

 

背面設計とシンプルで遊び心のあるフォルム

より高いフィット感を実現するため、登山用バックパックのような曲線ショルダーを採用し、しっかりと補強し縫製しました。スタビライザー、チェストベルト、取り外し可能なウエストベルトも付属するため、旅だけでなく、ハイキングやトレッキングにも対応できます。ショルダーの長さは体型に合わせて選べるレギュラーとショートを用意しています。

DSC_9006

シンプルな形を実現するため、あえてバックパックの外側の見える部分にはポケットをつけていません。使う人の好みに合わせたカスタマイズができるよう、後付けできるポケットなどのオプションを開発中です。また、背面パッドは好みがあるので入れていません。マットや衣類などで当たりを和らげることをお勧めします。

196_M_back1

背面ポケットはショルダーを収納するだけでなく、携帯電話などを入れることができます。

 

196_L_0189

開口部には持ち手がついているので、荷物が多くて閉まらない場合でも、トートバッグのようにも持つことができます。車に荷物を載せるときや、滞在先などでのちょっとした移動の際に便利です。※補助的な持ち手のため、重すぎる荷物を入れての使用はご遠慮下さい。

 

素材について

軽量で耐久性・耐水性(撥水)に優れるナイロンでありながら、ムラのある自然な表情が特徴の『セルスパンナイロン(ナイロン100%・840D)』を採用しています。コーデュラナイロンを進化させ、強度と機能性を兼ね備えた素材として、80年代からアウトドアギアに用いられてきました。あえて染めムラが出る特殊な糸を使用して織られた生地は、使い込むうちに少しずつ毛羽立ち、柔らかい風合いになっていきます。※使い始めはやや硬めで、起毛の服とこすれると毛玉ができることがあります。

 

サイズについて

機内持ち込みができ、飛行機の荷物入れや電車の網棚にも乗せやすいよう、背面にショルダーが収納できます。

196_M_back2
  • サイズ:W30cm×H61cm×D20cm(サイズは巻く回数により変化します)
  • 重量:740g

 

  • ※画像と実物は仕様が若干異なりますので、詳しくはお問い合わせください。
  • ※予告なく仕様や価格を変更する場合がありますのでご了承ください。